Big Sur_Blur_1.7.2.jpg

FAA認可

FAA認可

Aliens+Machines代表、村上裕幸はFAA(米国連邦航空局)の認可を受けたドローンパイロットです。Part 107ルールに基づき、アメリカ国内でのドローンの商業飛行が許可されています。

FAA認可の真の意味 

商業飛行をする際、現場にFAA認可のパイロットがいなければいけないという規定がありますが、それとは別に、FAA認可のパイロットは米国内の様々な空域に関するルールを含む、ドローンの飛行を安全かつスムーズにするための知識をしっかりと身につけている、と言えます。

 
DTLA Sunrise Aerial_1.1.4.jpg

ドローン保険

賠償責任保険

通常の飛行機と比べると格段に小さいドローンですが、空を飛ぶことには変わりないため、万が一の場合、一般的な保険ではカバーされません。Aliens+Machinesは200万ドルまで対応するドローン専用の賠償責任保険に加入しています。

 
Palmdale_1.9.3.jpg

プランニング

 

事前リサーチ・飛行許可申請

撮影予定のロケーションが飛行可能な空域であるかのリサーチや、特別な許可が必要な場合の手配など、ビジョンを形にするための事前準備を責任を持って進めます。